クリングルファーマ株式会社.

MANAGEMENT INFORMATION

経営情報

CEO MESSAGE

CEOメッセージ

当社は、日本で発見されたHGFタンパク質の医薬品開発を推進する創薬バイオベンチャーです。HGFタンパク質は、もともとヒトの生体内に備わっている「再生」メカニズムに深く関与する重要なタンパク質であり、多くの論文において難病の治療薬になり得る可能性が示唆されています。HGFタンパク質は、日本から世界に発信し得る再生創薬シーズであると言えます。
当社は、まずは希少疾患を対象としてHGFタンパク質を開発します。希少疾患の中には、有効な治療薬がなくアンメット医療ニーズが高い疾患が数多くあります。中でも神経難病の象徴的な疾患である脊髄損傷急性期とALS(筋委縮性側索硬化症)は、患者さんはもとよりご家族や介護される方の負担も大きく、HGFタンパク質を新規治療薬として開発する医学的・社会的意義は極めて大きいと考えております。HGFタンパク質は適応拡大の可能性が多岐にわたっていますので、脊髄損傷急性期やALSを突破口とし、その他の神経難病や線維化疾患、慢性臓器疾患にまで事業展開してまいります。
当社は、医薬品を実用化することに徹底的にこだわって自社開発することを基本方針とします。第一パイプラインである脊髄損傷急性期については、すでに自社で医薬品開発の最終段階である第Ⅲ相試験を実施中で、その後の薬事承認取得も自社で行います。これにより中長期的には自社の収益を最大化することが可能になります。最終的には自らがバイオ製薬企業へと成長し、日本発の優れた医薬品を世界中の患者さんに届けてまいります。
「患者さんに新薬を、人々に笑顔を」
私たちはバイオの力で新たな価値を創造し、よりよい世界に貢献してまいります。株主の皆さまには、引き続きご支援ご鞭撻を賜りたく何とぞよろしくお願い申し上げます。

CORPORATE GOVERNANCE

コーポレートガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は「株主」、「従業員」、「社会」、「病院等のお客様」、「患者」、「協力会社」という全てのステークホルダーから「価値ある企業」として支持され続けるために、企業価値・株主価値の最大化に努めるとともに、意思決定の迅速化、経営の透明性・公正性を高めていく必要があると考えております。そのために、内部統制システムの整備に注力するとともに、法令・定款の遵守、リスク管理強化、適時かつ公平な情報開示の徹底など、コーポレート・ガバナンスの充実・向上を経営上の重要な課題であると認識し、コーポレート・ガバナンスの強化に努めております。

コーポレート・ガバナンスの体制

当社は、従来、監査役設置会社でありましたが、2018年12月21日開催の定時株主総会において、監査役会設置会社に移行しております。
当社が監査役会設置会社を選択した理由は、業務執行と役員の監査機能の組織体を分断させることが、互いの牽制機能を最大限に発揮させ、経営の透明性が確保されるものと考えているためです。
また、監査役設置会社から監査役会設置会社に移行することにより、事業内容の多様化に対応し、一層のコーポレート・ガバナンスの充実強化を図ることが可能になると考えたためであります。
当社のコーポレート・ガバナンスの体制は、以下のとおりであります。

コーポレート・ガバナンスの体制
(a) 取締役会・取締役

当社の取締役会は6名の取締役で構成され、そのうち2名が社外取締役となっております。取締役会は、経営方針及び経営戦略の策定並びに業務執行の監督を行っております。取締役会は原則毎月1回開催するほか、必要に応じて随時開催し、会社の重要な業務執行に関する意思決定をなし、代表取締役その他の取締役の業務執行を監督する体制及び業務の適正を確保するための体制を構築しております。

(b) 監査役会・監査役

監査役監査は、社外監査役3名により実施されており、各監査役は、取締役会への出席、随時の代表取締役社長や各担当取締役との意見交換、内部監査人及び会計監査人と情報を共有しております。また、原則として毎月1回以上及び必要に応じて監査役会を招集し、必要事項の決定や情報共有を行っております。これらの監査業務の実施により、取締役の職務執行を不足なく監視できる体制を確保しております。

(c) コンプライアンス・リスクマネジメント委員会

コンプライアンス・リスクマネジメント委員会は取締役会の下に設置され、コンプライアンス及びリスクマネジメントに係る体制の構築及びその推進に関する事項について検討、審議等を行います。当該委員会は、原則四半期に1回の開催とし、議事録を作成して取締役会に報告をしております。