クリングルファーマ株式会社.

BASIC POLICY

基本方針

ディスクロージャーポリシー

  1. 1.情報開示の基本方針
    クリングルファーマ株式会社(以下、「当社」)は、株主、投資家をはじめとする全てのステークホルダーの皆様に対して、適時・適切に会社の情報を開示することが上場企業としての責務であり、この責務を果たすことが健全な証券市場を担う一員として必要不可欠であることを十分に意識し、常にステークホルダーの皆様の視点に立ち、迅速・正確かつ公平な会社情報の開示に努めてまいります。
  2. 2.情報開示の基準
    当社は、金融商品取引法等の各種法令を遵守するとともに、東京証券取引所の定める規程にしたがい、会社情報を開示してまいります。また、各種法令及び規定に該当しない情報についても投資判断に影響を与える可能性のある情報、当社をご理解いただくために重要であると判断した情報につきましては、適時・適切に開示いたします。
  3. 3.情報開示の方法
    金融商品取引法に基づく開示は、金融庁の提供するEDINET(Electronic Disclosure for Investor’s NET work:金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム)に開示いたします。
    適時開示規則に該当する情報は、東京証券取引所の提供するTDnet(Timely Disclosure network:適時開示情報伝達システム)に開示いたします。 EDINET及びTDnetへの情報開示後、速やかに当ウェブサイトにおいても情報開示いたします。また、法令及び規則に該当しない情報であっても、投資判断に影響を与える可能性のある情報、当社をご理解いただくために重要であると判断した情報等につきましては、当ウェブサイトに適時・適切に開示いたします。
  4. 4.将来の見通しについて
    当社が開示する情報の中には、業績の予想及び将来の見通しに関する事項が含まれている場合がございます。これらの情報は、開示時点で入手可能な情報に基づいて当社の経営陣が一定の判断により作成したものであり、当社を取り巻く経済環境、各制度、金利等の変動といった未知のリスクや不確実性を含むものでございます。したがいまして、実際の実績は予想及び見通し事項とは大きく異なる結果となる可能性がありますことをあらかじめご了承いただきますようお願いいたします。
  5. 5.沈黙期間について
    当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、情報開示の公平性を確保するため、各四半期の決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間としております。この期間は決算に関する質問への回答やコメントを差し控えさせていただいております。ただし、当該期間中におきましても、諸法令や適時開示規則に基づいて開示が必要な場合には、適時・適切に情報開示をいたします。